読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

石砂山 峰山 蝶々とお花の里山


昨日、仕事が遅くなり、疲れてるのもあって、今日は山は無しだなと思ってたんだけど、朝起きると、とってもいい天気。やっぱ行くかってなって、軽めの山に行くことに。

地図を広げて、近場のコースをいろいろシュミレーション。
で、この時期、ギフチョウという天然記念物の蝶々が飛んでいるという石砂山に決定。で、そのまま峰山まで足をのばし藤野やまなみ温泉で締めようというコースにしました。

車移動の途中も、桜がいたるところで目を楽しませてくれます。
f:id:songispretty5551256:20150407154829j:plain

やまなみ温泉からスタート。
f:id:songispretty5551256:20150406204050j:plain

で、ここから石砂山方面の篠原バス停に向かうには、どこのバス停からのればいいのか駐在さんで尋ねていたところ、駐在さんの奥さんが、そっち方面に用があって車で行くから、よかったら乗っていったらどうですか?というありがたい提案をいただいた。どうやらそっち方面に行くバスは無いかもしれないと不安になっていたところだったので、まさに神の声。ありがたく同乗させていただきました。

車中、この辺のいろんな話を教えてもらって、とっても楽しかったです。ありがとうございました。

篠原バス停近辺で、降ろしてもらい、登山スタート。
f:id:songispretty5551256:20150406194602j:plain

集落の中をのんびり歩きます。
f:id:songispretty5551256:20150406205043j:plain

右隅に写ってる青い服のおじさん。f:id:songispretty5551256:20150406205326j:plain
この人、ギフチョウの写真を撮りにきたらしいんだけど、すれ違うすべての人に話しかける超屈託のない人。
ここでも、ギフチョウの完璧な写真が撮れたと大はしゃぎ。かわいいおじさんでした。

暑くてすでに汗をかいていたので、登山道にはいると、ひんやりした風が気持ちよかった。
ちょっと前までは、風は冷たくて、寒いものでしかなかったのに。
f:id:songispretty5551256:20150406210654j:plain

すでにTシャツ。
f:id:songispretty5551256:20150406213229j:plain
やっぱり予想してた通り、春の山は暑い。汗びっしょり。

でも、やっぱり山は気持ちいい。冬でも春でも変わらず気持ちいい。
f:id:songispretty5551256:20150406212356j:plain
f:id:songispretty5551256:20150406212422j:plain

石砂山山頂手前の長〜い階段。
f:id:songispretty5551256:20150406212720j:plain

石砂山山頂。ちなみに「いしざれやま」と読みます。
f:id:songispretty5551256:20150406213728j:plain
f:id:songispretty5551256:20150406214914j:plain

途中でも、いたるところでギフチョウ飛んでたんだけど、山頂付近では、ギフチョウ乱舞。
f:id:songispretty5551256:20150407154906j:plain
後からやってきた、例の屈託のないおじさんも大喜び。
メッカだ!ギフチョウのメッカだ!
と大はしゃぎで写真を撮ってました。

これがギフチョウ
f:id:songispretty5551256:20150406214232j:plain
f:id:songispretty5551256:20150406214246j:plain
2枚ともクリコ撮影。クリコは、虫や、動物の写真を撮らせると天才的。
俺は、横切ったときにたまたま撮れた上の1枚だけ。

お昼ご飯は、カップ麺とおにぎりおにぎり。
f:id:songispretty5551256:20150406214709j:plain
テーブルとベンチが2組ある、こじんまりとしたかわいい山頂でした。
風が気持ちいい!

1時間ほど石砂山山頂を楽しんで、先に進みます。
f:id:songispretty5551256:20150406220340j:plain

送電線の鉄塔のあたりで展望が開けます。
f:id:songispretty5551256:20150406221350j:plain
丹沢の山々と、道志の集落が望めます。

しばらく行くと、舗装路にでます。
f:id:songispretty5551256:20150406222259j:plain

菅井花街道と名付けられてるらしく、その名の通り、素晴らしい花街道ぶりでした。
f:id:songispretty5551256:20150406224251j:plain
f:id:songispretty5551256:20150406222813j:plain
f:id:songispretty5551256:20150406223131j:plain
f:id:songispretty5551256:20150406223538j:plain

ピンクと白の花弁が混在する不思議な桜。
f:id:songispretty5551256:20150406223812j:plain

で、この先の分岐で、右に行くとやまなみ温泉に戻れるんだけど、俺はもう一山行きたい。クリコは疲れたから帰りたい。意見が分かれます。

強引に説き伏せ、次の山を目指します。
しかし、絵に描いたように不満を頬っぺたであらわすクリコ。
f:id:songispretty5551256:20150406225059j:plain

ごめんね。でも、この素晴らしい日をもう少し楽しもうじゃないか!
f:id:songispretty5551256:20150406225919j:plain
で、もう一山。峰山へ。

でも、この峰山、人気の石砂山と違って誰一人として会わなかった。たしかに地味ではある。

けど、時折見かける食虫植物みたいなやつとか。
f:id:songispretty5551256:20150406230959j:plain

くるんってなってる木とか。
f:id:songispretty5551256:20150406231057j:plain

かわいいお花とか。
f:id:songispretty5551256:20150406233116j:plain

そして、写真には写らない、風や、空気が気持ちいい。

で、やっぱり山頂手前の長〜い階段。
f:id:songispretty5551256:20150406231504j:plain
きつかった。

ようやく峰山山頂到着。
f:id:songispretty5551256:20150406231613j:plain

尊師空中浮遊。
f:id:songispretty5551256:20150406232801j:plain

祠があります。
f:id:songispretty5551256:20150406231701j:plain
ここでコーヒーを飲んで、長めの休憩をとって下山します。

いきなりの急坂。こけそうになるクリコ。
f:id:songispretty5551256:20150406232354j:plain

持ち直す!
f:id:songispretty5551256:20150406232534j:plain

この急坂、もし逆コースだったら、かなりきつかっただろうなと思いました。

どんどん下ります。

はい、やまなみ温泉に到着。
f:id:songispretty5551256:20150406233358j:plain
おつかれさま!

で、実は、ここがクライマックスだったかも。
ここの露天風呂が素晴らしかった。
風呂の前方をぐるっと桜が囲んでるので、最高の花見風呂を満喫しました。
薄曇りの空と、淡いピンクの桜の花と、新緑の若い緑のコントラスト。素晴らしすぎます!
この季節だけの贅沢。

藤野の人の人情に触れ、ギフチョウの乱舞リングに触れ、美しい花々に心癒され、温泉で疲れた体を癒され。
あー、今日もいい一日だったぜ!