読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

北横岳 縞枯山 曇天の北八ヶ岳の旅

f:id:songispretty5551256:20160107113245j:image

ラジくんが雪山に行きたいというので、我々の実力で行けそうな雪山を調べてみた。今年は暖冬のせいで、雪が少なく、低山で雪山は望めない。
だとすると、2500mクラス以上の山か、豪雪地帯の山になる。

あと、車でいけそうなとこ。
いまだスタッドレスはいてないので、ノーマルタイヤの車で行けそうな雪山。
なんか、ドラえもんに無理難題をふっかけるのび太みたいになってるのはわかってるんだけど、暖冬だからこそ、この条件で行けるんじゃないかと思いました。

そこで、いくつか候補をあげた中で、北八ヶ岳に決めました。
ロープウェイでかなり上まで上がれるので、登る体力はつかわずに、上であっちこっち行けるし。

朝5時半にラジくんをひろって、八ヶ岳に向けて出発。
夜勤明けからのラジくんだけど、今日も元気です。

道中、雪化粧した南アルプスの美しさにテンションあがります。
ネパール出身のラジくんは、ヒマラヤだー!とはしゃいでいました。

八ヶ岳ロープウェイ。
f:id:songispretty5551256:20160106215449j:image

ロープウェイの駐車場からこの絶景。
f:id:songispretty5551256:20160106220922j:image

絶景に見惚れるふたり。
f:id:songispretty5551256:20160106225120j:image

昨日、山道具屋さんにゴーグルを見に行って、微妙な値段の高さにふんぎりがつかなかったんだけど、ロープウェイのお土産屋さんで安いゴーグルを発見。購入しました。

ロープウェイで上がったところですでに2240m。

坪庭という名前がつけられた場所。
日本庭園のような趣きのある空間。
いつも思うけど、山につけられた名前って絶妙だなと思います。
ラジくん曰く、ネパールに名前のついてる山はあまり無いですよ。とのこと。
名前にこだわらない国民性なんですかね?
f:id:songispretty5551256:20160106221908j:image

坪庭から北横岳をめざします。
f:id:songispretty5551256:20160106230242j:image

歩きやすい、なだらかな道がつづきます。
f:id:songispretty5551256:20160106230638j:image

前を行く家族連れ、5、6歳くらいの子供が、俺について来いと言わんばかりに、がしがし先頭を歩いてました。

北横岳山頂。まず南峰。
f:id:songispretty5551256:20160107103636j:image

八ヶ岳
f:id:songispretty5551256:20160107091808j:image

f:id:songispretty5551256:20160107091836j:image

秋に行った蓼科山が真ん前にドーン!
後ろに雲海みたいな白い北アルプス
特に北側の白さに目を奪われました。まさにヒマラヤだー!
f:id:songispretty5551256:20160107091731j:image

つづいて北峰。死ぬほど寒い。
f:id:songispretty5551256:20160107092914j:image

頭の白い山。名前わかりませんがきれいです。
f:id:songispretty5551256:20160107093142j:image

寒くてわけがわからなくなってますが、とにかくきれいです。
f:id:songispretty5551256:20160107093322j:image

f:id:songispretty5551256:20160107093356j:image

北横岳ヒュッテ。ここで早めの昼ごはん。なんだけど…。
f:id:songispretty5551256:20160107093741j:image

問題発生。ラジくん、昼ごはんを買ってくるのを忘れたとのこと。すでに小屋は閉まってる。僕は大丈夫です!と言うラジくんですがなんだか悲しそう。ふたり分のおにぎりを3人で分け合って食べました。
お湯を沸かして、みそ汁を作ったんだけど、あまりの寒さにあっという間に冷たくなってしまう。
寒さに耐えきれずサッサと食事をすませて、一旦ロープウェイ駅に戻ることにする。
ロープウェイ駅ならカフェがあったからなんか食べられるし、あったかいコーヒーも飲めるはず…。

ところがカフェやってない…。

でも、なかで休むことはできるので、寒さはしのげます。

ロープウェイ駅のカフェで和む。
f:id:songispretty5551256:20160107095235j:image

行動食を食べながら和みます。
はー極楽極楽。

もう動きたく無い気持ちを振り切って、縞枯山をめざします。
f:id:songispretty5551256:20160107100900j:image

縞枯山荘。ここも閉鎖されてます。
f:id:songispretty5551256:20160107101459j:image

雨池峠からの登りがきつかった。
f:id:songispretty5551256:20160107101543j:image

縞枯山山頂。展望無し。地味です。
f:id:songispretty5551256:20160107101750j:image

さらに展望台をめざします。

立枯れた木越しに見える南八ヶ岳
f:id:songispretty5551256:20160107102120j:image

これも同じ場所で撮りました。
f:id:songispretty5551256:20160107102322j:image

展望台にて。
f:id:songispretty5551256:20160107102726j:image

八ヶ岳、茶臼山をバックに。
f:id:songispretty5551256:20160107102941j:image

展望台から縞枯山。
f:id:songispretty5551256:20160107103049j:image

昭和の冒険家。
f:id:songispretty5551256:20160107120550j:image

帰りはみんなで歌を歌いながら歩きました。楽しかった。

目をむいて、ヴォエアーってヴォイストレーニングがはじまる。
f:id:songispretty5551256:20160107103422j:image

一度雪に押し曲げられても、根性で上に伸びる気合の入った木。
f:id:songispretty5551256:20160107104236j:image

ロープウェイ山頂駅に帰ってきて、前のゲレンデでしばしヒップソリで遊ぶ。100均のやつだけど十分遊べました。
f:id:songispretty5551256:20160107104915j:image
帰りは河原の湯という町の共同浴場みたいな風呂屋さんに寄って帰りました。400円。安いです。

双葉SAでラーメン。辛いんだけど、これがめちゃうまだった。
f:id:songispretty5551256:20160107105802j:image


今回、計画では、北横岳から縞枯山をめぐり、さらに茶臼山まで行こうと思ってたんだけど、寒さのあまりロープウェイ駅でかなりの時間退避していたこともあって、そこまでは行けませんでした。
暖冬で、雪が少ないって聞いてたんだけど、たしかに少なかったです。
例年のこの時期の北八ヶ岳だと、エビのシッポだの、スノーモンスターだのが見られるはずらしいんだけど、スカスカの雪で、ほんとに暖冬なんだなと感じました。
といっても、山頂付近は風も強く、2500m前後の冬山のきびしさを実感することができました。体感では、今まで行ったどの山より寒かったです。
これからは、寒さ対策をもっと考えていかないとな。

f:id:songispretty5551256:20160107113222j:image