読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

谷川岳 夢か現か幻か

登山
11/16。

f:id:songispretty5551256:20151116213527j:image

夏のあいだ忙しくて、休めなかった分を、ここで一気に消化しようということで、なんと奇跡の5連休!
しかし天気予報的には、初日の16日しかいい天気に恵まれ無さそう。

今回、山にめちゃくちゃ興味を持つ、仕事仲間の2人を誘って行くことになりました。
1人は、協力会社の社長のヤマナカさん。
ヤマナカさんは、東京から折りたたみ自転車を高速バスで積んで行って、京都から東京まで自転車で帰ってくるというタフな旅をする人。そして、31歳の若さながら独立して、人を雇い、タフに仕事をこなす人。
もう1人は、そのバイトのラジくん。
ラジくんは、エベレストの国、ネパールのカトマンズで生まれ。6年前に日本にやってきて、ネパール語ヒンディー語、英語、日本語と4ヶ国語をあやつる若干21歳のイケメン。

2人とも山へ行くのは初めてということなので、最低限の冬の山装備をそろえてもらいました。

行き先は、谷川岳にしました。
一回行ってるので、安心感はあるし、晴れていれば、素晴らしい景色を見せられると思ったから。
前回行ったときは、天神ザンゲ岩付近から上はガスに包まれ、展望まったく無かったので、そのリベンジを果たしたいというのもありました。

前回の谷川岳の旅。


で今回、4人分の荷物を積んで、4人の大人が乗り込むには、我が愛車ハスラーでは厳しいものがあるかなと思い、ヤマナカさんの仕事用の作業車を出してもらうことにした。


今回は、留守番のハスラー
f:id:songispretty5551256:20151117045659j:image


朝6時にヤマナカさんの駐車場に集合。ハスラーから作業車に荷物を移し出発!

行きはヤマナカさんの運転。
我々夫婦は後ろの席で楽々。
f:id:songispretty5551256:20151117050220j:image

ワクワクしながら、みんなで喋りながら途中紅葉の景色を眺めながら行ったから、水上まであっという間だった。

いい天気。
f:id:songispretty5551256:20151117100552j:image

今回は、行きも帰りもロープウェイを使いました。
f:id:songispretty5551256:20151117100622j:image

天神平からの山頂。それにしてもいい天気!
f:id:songispretty5551256:20151117100641j:image

ごきげんだぜ!
f:id:songispretty5551256:20151117100712j:image

ラジくんは、ほんとに屈託のない純朴な青年で、いろいろなことに子供みたいにうれしがる。見てるこっちもうれしくなる。
ヤマナカさんは、人の良い笑顔でそれをニコニコ見ている。
ほんとにいいコンビだなと思う。
f:id:songispretty5551256:20151117100731j:image

天神ザンゲ岩。
f:id:songispretty5551256:20151117103118j:image

懺悔のポーズがわからない。ラジくんにいたっては普通にピース。笑
f:id:songispretty5551256:20151117104249j:image

どっちを見てもきれいだなー。
f:id:songispretty5551256:20151117104420j:image

f:id:songispretty5551256:20151117104537j:image

f:id:songispretty5551256:20151117105435j:image

f:id:songispretty5551256:20151117133257j:image

前回7月に来たときは、天神ザンゲ岩付近から頂上までの間は、まったく展望がきかず、すごい展望ひろがってるんだろうとは想像はしてたけど、ほんとすごい景色だった。
ヤマナカさんと、ラジくんも大喜び。もちろん俺と、クリコも大喜び。
谷川岳を選んで良かったよー。


トマの耳到着。
f:id:songispretty5551256:20151117173201j:image

さあお昼お昼。
f:id:songispretty5551256:20151117135329j:image

谷川連峰縦走路方面。
f:id:songispretty5551256:20151117135355j:image
帰りにちょっとだけ歩いてみよう。

この時、西の方から雲がだんだん迫ってきてた。山頂は、風が強く寒かったので急いでご飯を食べて、次のオキの耳へ。

みんなでヤッホー。
f:id:songispretty5551256:20151117141334j:image


オキの耳到着。
f:id:songispretty5551256:20151117173218j:image

凄かー。怖かー。凄か断崖絶壁じゃー。
f:id:songispretty5551256:20151117143803j:image

きれいかー。
f:id:songispretty5551256:20151117144035j:image

トマの耳方面。
f:id:songispretty5551256:20151117144104j:image

ラジくん得意のポーズ。
f:id:songispretty5551256:20151117144332j:image

クリコ得意のポーズ。
f:id:songispretty5551256:20151117144404j:image


さあ、そろそろ戻るかっつって降り始めたとこで、トマの耳が雲に凄い勢いでつつまれてた。その雲の動きの美しさにずっと見惚れてた。
f:id:songispretty5551256:20151117145958j:image

ここが今日のハイライトだったなー。ほんとに夢の中のような光景だった。
f:id:songispretty5551256:20151117150128j:image

縦走路、万太郎山方面もすっかり雲に覆われてしまった。凄いなー。
f:id:songispretty5551256:20151117150156j:image


この後、辺りもすっかり真っ白になってしまって急いで下山。
俺たちで、ギリギリ展望見れたんだなー。この後すれ違ったおじさんは、あーダメかー。せっかく来たのになー。とボヤいてた。あと15分早ければ良かったのに。

太陽も真っ白。
f:id:songispretty5551256:20151117151343j:image

肩の小屋から万太郎山方面にちょっとだけ行ってみる。
f:id:songispretty5551256:20151117151432j:image
ものすごい風。すぐ引き返す。

熊穴沢避難小屋で小休憩。
f:id:songispretty5551256:20151117151217j:image

ヤマナカさん、登山中でも仕事の電話がかかってくる。大変だのー。
f:id:songispretty5551256:20151117151749j:image

天神平ロープウェイ乗り場に無事到着。
f:id:songispretty5551256:20151117152229j:image


帰りに湯テルメ谷川で汗を流す。
ここは、前回もよったとこで、安いし露天の雰囲気も良かったのでお気に入りです。

ここでまったりしてたら、もう動きたくねーモードに。
f:id:songispretty5551256:20151117152548j:image

帰りは、俺の運転で帰ります。
作業車なのでなんか仕事帰り気分。
赤城高原SAで腹ごしらえして、さてがんばって帰るかー。


前回、谷川岳来た時、ガスでまったく展望きかず、でも、見えるとこだけでもすごく綺麗な山だなーと感じてました。いったいどんな景色がひろがってるんだろうと思ってたんだけど、ほんとに素晴らしかったです。
谷川連峰は、谷川馬蹄形ルートとか、平標山への縦走路とか、いろんなルートが楽しめるし、季節を変えればまた違った顔が見られるし、ほんとに何度来ても楽しいと思います。
危なすぎないちょうどいい感じの鎖場とか、初心者でも安心して行けるし、登ること自体が楽める山だと改めて思いました。
いつかラジくんにネパールの山を案内してほしいなー。ヒマラヤ山脈を見に行きたい。

f:id:songispretty5551256:20151117155957j:image