読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

平標山 仙ノ倉山 噂の稜線歩き

f:id:songispretty5551256:20150927221500j:image

あー、久しぶりの山登りだよー。
前回、7月に谷川岳に行ってから、2ヶ月もあいてしまった。
まあ仕事をしないとご飯は食べられないし、結局は山にも行けないことになるのでしょうがないっすね。

今年の夏は、アルプスに行きたかったんだけど、それも来年までお預けです。
来年は、絶対に行く!
それまでは、行ける山に行って経験値を上げる!


さて、2ヶ月ぶりの登山。
今回は、新潟県の苗場スキー場の近く、というか向かいっ側にあるお山、平標山(たいらっぴょうやまと読みます)からの仙ノ倉山というコースを歩きました。

谷川連峰の西端に位置する、この山の稜線の美しさを噂で聞き、いつか行ってみたいなと思ってました。
シーズン中だと、数々の高山植物が咲き乱れる花の山としても有名らしいです。

で、今回の山のお供は、ボンゴブラサーズの盟友しろしくん。
なんかやたら山に行きまくってる俺を見てて、山への興味を募らせたみたい。
で、登山靴も購入したということで、今回しろしくんにとって、初の本格的な山に行こうということにあいなりました。

で、根性の岩登りか、見晴らしのいい稜線歩きか、どっちがいいかたずねたところ、稜線歩きがいいとの答え。
ならば、平標山からの仙ノ倉山ぴったしじゃないか!と思いここに決めました。


朝、4時半に出発。
途中しろしくんを拾って、圏央道に乗り、関越道と乗りついで、フジロックの会場前を通り、またフジロック行きたいなーと思っていたら、あっという間にたどり着いた平標山登山口駐車場。
お便所をすませ、準備を整え歩き始めます。

出発前に知らないおじさんとコース確認する俺。
松手山コースから行きます。
f:id:songispretty5551256:20150927220349j:image

前半、樹林帯を延々階段登り。

んで、最初のポイント、鉄塔。
f:id:songispretty5551256:20150927222627j:image

この辺から展望は開け始めるけど、すでに怪しい雲行き。

次のポイント、松手山。写真で見るとなんか雲海ちっくに見えますが、実際は、ガスが山全体を隠す一歩手前状態。
f:id:songispretty5551256:20150927225634j:image

やがてこうなり。
f:id:songispretty5551256:20150927225800j:image

こうなる。
f:id:songispretty5551256:20150927225835j:image

平標山山頂。
f:id:songispretty5551256:20150927230059j:image

雨も降ってきた。そしてなにも見えず。
合羽を着こんで、とりあえずここで昼ごはん。
仙ノ倉山までの稜線を歩くことを楽しみにやってきたけど、この状態では、真っ白でなにも見えないことは明白。
でも、新潟くんだりまで来て、このまま帰るのもなあと思い、とりあえず仙ノ倉山まで歩くことにした。

天国につづく道のよう。
f:id:songispretty5551256:20150927234017j:image

案の定まわりは真っ白でなにも見えない。でも見えてる範囲だけでもとてもきれいな山だったな。

予定があり、6時半までに帰らなきゃいけないというのもあって、どうしようか迷ったけど、ここまで来たらと思ってどんどん行った。

木道は、濡れてすべりやすく要注意。
f:id:songispretty5551256:20150928050129j:image



仙ノ倉山手前の小ピークで吹いてた風はやばかった。

仙ノ倉山山頂。
f:id:songispretty5551256:20150928050445j:image

と、ここまで、ピークを踏んでも、うーん…たいらっぴょう?
うーん…せんのくら?
みたいな煮え切らない感じが漂っていた。
f:id:songispretty5551256:20150928051221j:image

こんなに遠くまで連れてきて、しろしくん初めての山登りがこれではなーという思いもあったけど、これもまた山の一面。山のご機嫌は、こちらではうかがい知れないし、全部納得するしかない。

さて帰るかつって、平標山までピストン。
で、ここからは、松手山コースじゃなくて、平標山の家のある、平元新道の方から帰ることにした。

しばらく歩くと、ん?なんか晴れてきたぞ。
f:id:songispretty5551256:20150928052830j:image

お、おー!!
f:id:songispretty5551256:20150928052938j:image

おー!!
f:id:songispretty5551256:20150928053209j:image

仙ノ倉山もくっきり。
f:id:songispretty5551256:20150928053617j:image

ごきげんだぜ!
f:id:songispretty5551256:20150928054052j:image

この平標山の家までの30分間、最高に美しい道を歩いた。
f:id:songispretty5551256:20150928054306j:image

平標山の家に到着。
f:id:songispretty5551256:20150928054422j:image

f:id:songispretty5551256:20150928054727j:image

お便所を借りて、10分ほど休んで出発。

ここからは樹林帯の階段を下りていく。地味に膝にくる。
f:id:songispretty5551256:20150928055125j:image

林道を1時間くらい歩く。前を行くカップルがかわいいな。
f:id:songispretty5551256:20150928055457j:image

途中にあったきれいな川。
f:id:songispretty5551256:20150928055751j:image

駐車場のおじさんに、温泉よってきなよって魅力的な提案されたけど、時間が無いので飛ばして帰る。

ハスラーは、いい走りをしてくれたよ。何の不安もストレスも無い。いい車。

で、無事しろしくんを送り届けて帰宅。と思いきや、なんとしろしくん携帯を車に忘れてったよ。


ガス、雨、風、晴れ、展望。
今日一日で、山のいろんな面が見れたよ。ほとんどがガス、雨、風だったけど楽しかった。
また季節を変えて、花咲き乱れる時に来たいな。
それにしても谷川連峰、なかなか全貌を見せてくれないなー。また来るぞ!
f:id:songispretty5551256:20150928060957j:image