読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

谷川岳 真っ白に浮かぶ夢の中

15日から3連休をとりまして、山に行くなら、天気的には15日がよさそう。
つーことで、またまた群馬県上州のお山、谷川岳に行ってきました。
この山域、個性的で、魅力的な山が多くて、しばらくここら辺をいろいろ巡ってみたいです。

さて谷川岳というと、魔の山の異名を持つお山です。なんでも世界一死者を出している山として、ギネスにも認定されているらしいです。
といっても、そのほとんどが一般ルートでは無く、クライミングによる事故だということです。

朝、6時に出発。
圏央道、関越道と延々走って、あー、もうあきた。もうお腹いっぱい。って感じた頃に水上インターに着きます。
そっからさらに下道を走ること3、40分

おもむきのある土合の駅前。
f:id:songispretty5551256:20150716041531j:image
f:id:songispretty5551256:20150716183144j:image


谷川岳ロープウェイの駐車場に到着。
はー、長かった。

駐車料金500円。
ロープウェイのチケット1230円。

ロープウェイ乗り場。
f:id:songispretty5551256:20150716042611j:image

下に見える作業道を帰りは歩くことになります。
f:id:songispretty5551256:20150716043038j:image

天神平。
f:id:songispretty5551256:20150716043235j:image

しばらく木道を歩きます。
f:id:songispretty5551256:20150716080056j:image

上の方は雲の中。
f:id:songispretty5551256:20150716082004j:image

避難小屋わきを右へ。
f:id:songispretty5551256:20150716080315j:image
暑すぎていつの間にかキャミソール一枚になってるクリコ。外人さんみたいな装いですね。
f:id:songispretty5551256:20150716081040j:image

あっ、へび!
f:id:songispretty5551256:20150716181340j:image

だんだん白っぽくなてきたぞ。
f:id:songispretty5551256:20150716082142j:image

気持ちいい!
f:id:songispretty5551256:20150716182015j:image

ここがいい風吹いてて気持ちよかった。
ここでみんな立ち止まって、おー気持ちいい!つってた。
f:id:songispretty5551256:20150716082552j:image

天神ザンゲ岩。すでにまわりは真っ白。
f:id:songispretty5551256:20150716082830j:image

f:id:songispretty5551256:20150716082918j:image

肩の小屋。トイレあります。
f:id:songispretty5551256:20150716083119j:image

西黒尾根との分岐。
f:id:songispretty5551256:20150716083243j:image

はい、トマの耳着きました。真っ白です。
f:id:songispretty5551256:20150716083928j:image
赤ちゃん背負った、家族連れの旦那さんに、写真撮ってもらいました。あざっす!
ここでお昼ご飯を食べて、オキの耳に移動。

双耳峰といって、猫の耳みたいなふたつの山頂を持つ谷川岳です。もともとは、谷川岳ではなく、トマ・オキの二つ耳と呼ばれていたそうな。国土地理院の誤記から谷川岳になったそうな。ウィキペディアより。

オキの耳。
f:id:songispretty5551256:20150716085553j:image
写真撮ったら、一ノ倉岳につづく稜線のほうに行ってみる。

オキの耳をバックに。
f:id:songispretty5551256:20150716090615j:image

死ぬほど見れば、すごい絶景がみえるはず。がんばって!
f:id:songispretty5551256:20150716091346j:image

ヤッホーーーーイ!
f:id:songispretty5551256:20150716181440j:image

ここら一帯、お花がたくさん咲いていた。
f:id:songispretty5551256:20150716091730j:image

ハイジっぽい感じでといわれて、とったポーズがこれ。
f:id:songispretty5551256:20150716091916j:image

f:id:songispretty5551256:20150716092010j:image

こっから先、岩々した感じの稜線で、一ノ倉岳まで歩いたら楽しそうだった。
でも、時間が無いので、そろそろ引き返します。
あー、無限の体力と時間が欲しい。

f:id:songispretty5551256:20150716164837j:image
f:id:songispretty5551256:20150716165100j:image

帰りは、ロープウェイつかわず、田尻尾根から下山。
f:id:songispretty5551256:20150716182149j:image
f:id:songispretty5551256:20150716165428j:image
この道、ぬかるんでてすべるし、せまいし、歩きにくいことこの上無い感じ。
めんどくせー!って言いながら、なんとか下の作業道まで合流。

ロープウェイ、うらやましいです。
f:id:songispretty5551256:20150716182258j:image
 
くたくたになって歩いてたら、きれいな沢が。f:id:songispretty5551256:20150716165937j:image
心も体もヘロヘロなときに、この清流はありがたかった。冷たい水を頭からジャブジャブ。生き返ったよ。

やっとロープウェイ駅にたどりついた。
f:id:songispretty5551256:20150716170328j:image
とりあえず冷たい炭酸!炭酸!つってイロハスのトマト味をつい買ってしまう。
まずくはないがうまくもない。

帰りの温泉は湯テルメ谷川。f:id:songispretty5551256:20150716172713j:image
露天風呂が渓谷沿いにあって、沢の音と、緑の景観が、とってもおもむきのあるいい温泉だった。

帰りの長いロングドライブ、きれいな夕焼け空が僕らを楽しませてくれました。
f:id:songispretty5551256:20150716180731j:image

八王子に帰って、こってりしたラーメンが食いたいということで、締めはラーメン。
f:id:songispretty5551256:20150716180944j:image


谷川岳、2000mに届かない標高なのに、とってもアルプス的なムードを感じる山でした。
今回は、景観は残念だったけど、稜線の雰囲気といい、適度な岩場のおもしろさといい、絶対また来たいと思わせるものがありました。
今度は、登りも下りもロープウェイをつかって、時間節約して、一ノ倉岳まで行って稜線歩きを楽しむ。もしくは、西黒尾根から登って、岩場を楽しみ、下りはロープウェイというプランがいいな。
トマちゃん、オキちゃん、また来るよー。