読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

鷹ノ巣山 さすがボス

久しぶりの山登り、前夜どこにしようかいろいろ考えて、久しぶりの奥多摩の山で、前から行きたかった鷹ノ巣山に決めた。
なんとなく俺の中では、奥多摩のボス的な位置づけの山。
もちろん雲取山が大ボス。

7時過ぎに出発して、東日原バス停近くの有料駐車場に車を入れる。この駐車場は、1日で500円、無人の野菜売り場みたいな感じで、自己申告でお金を入れるスタイル。俺が来た時には、すでに7、8台の車が止まってた。で、9時過ぎに登山スタート。
 
こんな町並み。真ん中奥の雪をかぶってる山が鷹ノ巣山。
f:id:songispretty5551256:20150315195750j:plain

登山道入口。
f:id:songispretty5551256:20150315194912j:plain
民家横の階段を下りていく。住民の方に、気をつけていってらっしゃい、と声をかけられ、心なごむ。

真ん中のピョコンと飛び出てるのが、稲村岩。どでかい岩の塊です。近くで見るとすげー豪快です。
f:id:songispretty5551256:20150315200313j:plain

こんな感じの杉林の登山道を行きます。下には沢がサワサワと流れています。
f:id:songispretty5551256:20150315200815j:plain
f:id:songispretty5551256:20150315200857j:plain

稲村岩の真下を通過。直に見るとものすごい迫力だが、iPhoneのカメラではまったくそれは写らない。つーか写せない。力量不足です。

f:id:songispretty5551256:20150315202322j:plain
f:id:songispretty5551256:20150315202655j:plain

最初のうちは、周りの穏やかな風景を楽しみ、余裕の登山。
f:id:songispretty5551256:20150315204241j:plain
f:id:songispretty5551256:20150315204306j:plain

稲村岩の上に到着。さっそくアタック。
f:id:songispretty5551256:20150315205821j:plain
f:id:songispretty5551256:20150315205920j:plain
余裕余裕。

稲村岩を楽しんで、しばらく行くと、雪道がはじまり、アイゼン装着。
f:id:songispretty5551256:20150315210440j:plain

ここら辺はまだ余裕。
f:id:songispretty5551256:20150315210837j:plain
f:id:songispretty5551256:20150315211218j:plain

そして、奥多摩三大急登とよばれる地獄の登りが始まった。
f:id:songispretty5551256:20150315211344j:plain
f:id:songispretty5551256:20150315211449j:plain

まだつかねーのか。
f:id:songispretty5551256:20150315211720j:plain

倒木の中に石が詰められていた。なんなの?
f:id:songispretty5551256:20150315212104j:plain

あともう少し、山頂間近。
f:id:songispretty5551256:20150315211758j:plain
ほんとつかれた。今まで登った山の中ではNo. 1でキツかった。とにかく急登が長い。御前山も相当だったけど、鷹ノ巣山の勝ち。さすがボス!

で、やっと山頂。
f:id:songispretty5551256:20150315212658j:plain

とりあえずメシメシ!
f:id:songispretty5551256:20150315214329j:plain
今日は味噌汁とおにぎり。味噌汁がうまかったなー。

ガスで霞む幻想的な奥多摩の山々。
f:id:songispretty5551256:20150315213910j:plain

尾根道の先に日蔭名栗山。
f:id:songispretty5551256:20150315213340j:plain

ダケカンバはいいなー。
f:id:songispretty5551256:20150315213655j:plain

ダケカンバ with ダケカンバス!
f:id:songispretty5551256:20150315213751j:plain
僕たち夫婦でダケカンバスというバンドを組みました!笑っちゃダメ!

鷹のポーズ。
f:id:songispretty5551256:20150315214148j:plain

最初の計画では、避難小屋の先の日蔭名栗山まで行って、ピストンで帰ろうと思ってたんだけど、時間的にも、体力的にもぜんぜん無理。
飯食ったら、さっさと下山することに。

最初のうちは、フカフカの雪がクッションになってくれて調子よく下りてった。
f:id:songispretty5551256:20150315215334j:plain

余裕の表情。
f:id:songispretty5551256:20150315215449j:plain

雪が無くなってからが、地獄の下山道だった。膝が笑う笑う。
で、棒っきれ拾って、ストック代わりに。
f:id:songispretty5551256:20150315215917j:plain
f:id:songispretty5551256:20150315220031j:plain

これまで、ストックの必要性をまったく理解できなかったんだけど、絶対いる。絶対買う。
f:id:songispretty5551256:20150315220222j:plain
棒っきれ持って決意の表情。

いやー、ほんとに今日はつかれたなー。
こんなにつかれたのは、山登り始めてから初めて。鷹ノ巣先輩ありがとうごさいました!

帰り道、最後の力を振り絞って。
f:id:songispretty5551256:20150315220926j:plain

追記
FieldAccessってiPhoneのアプリいいね。
トレッキングに特化したGPSアプリなんだけど、昨日入れて今日初めてつかってみた。
脳みそ固まったオッサンなので、複雑なことは理解できません。しかし、非常にシンプル。わかりやすい。すばらしい。
ただし、すげー電池食う。
下山時は、残り1%。
充電器を持ってくしかないのかな。それさえ無きゃ最高なのにな。