読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

天城山 初百名山

    1. 2月3日。

      朝7時過ぎに出発。行き先は伊豆の天城山

      やっぱり遠いなー。なかなか着かない。
      しかし、ところどころで富士山。
      f:id:songispretty5551256:20150204032442j:plain
      f:id:songispretty5551256:20150204034655j:plain

      宝永火口。かっこいい。
      f:id:songispretty5551256:20150204033233j:plain

      10時過ぎ、天城高原ゴルフコース到着。つかれた。

      ハイカー用駐車場に車をいれる。

      さて、お便所お便所。
      f:id:songispretty5551256:20150204033124j:plain

      こんなこともあろうかと、手前のコンビニで用は足してきた俺たち。抜かりはねーぜ。

      さて準備して登山開始。
      f:id:songispretty5551256:20150204033438j:plain

      やっぱりかなり雪が残ってる。
      f:id:songispretty5551256:20150204033613j:plain
       f:id:songispretty5551256:20150205074618j:plain
      しかし、今日のオラ達には無敵のアイテムがある。

      その名はアイゼン。

      アイゼンつかうのも今日の楽しみのひとつ。でもまだ早い。

      四辻で左のほうに。
      f:id:songispretty5551256:20150205074749j:plain

      イロハモミジだそうです。
      f:id:songispretty5551256:20150205074856j:plain

      つるっつる。
      f:id:songispretty5551256:20150205075040j:plain

      よし、ここらでアイゼン投入!
      f:id:songispretty5551256:20150204033938j:plain

      ちょーいい!
      かなり雑な歩き方してもぜんぜん滑る気がしない。むしろ雪の上の方が歩きやすいくらい。アイゼンつければ。

      一瞬、あっ富士山!って思ったら、どうやら大室山らしい。2年位前に行った行った。ロープウェイでしか登れない山で、木がまったく無い変な山。遠くから見てもやっぱり変な山。
      f:id:songispretty5551256:20150204034252j:plain


      百名山ブランドの山に登るのは初めてなんだけど、やっぱり選ばれるだけのことはあると思いました。まだ山登り始めたばっかの、どビギナーでもビシビシ感じとるものがありました。

      天城山は、伊豆の中心部に連なる連山で、最高峰の万三郎岳が標高1,406 m。百名山の中でも下から4番目という、言ってみれば低山という部類なんだけど、一口に低山とは言えない格調の高さを感じました。

      すごく日本的。日本の原風景ってこんな感じなんだろうなと素直に思います。
      それでいて、日本離れしているというか、日本ぽくないというか、ここは日本じゃないみたいと感じる相反する魅力も感じとりました。

      これは、日本的とか、そういうものを超えた、地球レベルの原風景を俺は感じたんではないかと思います。

      ひとつめのピーク、万二郎岳。
      f:id:songispretty5551256:20150204034429j:plain

      展望はほとんど無し。
      でもいい!しっとりとした雰囲気。
      f:id:songispretty5551256:20150205200426j:plain

      しかし、万二郎岳山頂から数分行ったところに素晴らしい展望が待っていました。
      f:id:songispretty5551256:20150205193101j:plain

      神の目で見てるみたい。
      f:id:songispretty5551256:20150205092428j:plain
      伊豆半島南部をすべて、水平線まで見渡せる素晴らしい展望。
      f:id:songispretty5551256:20150205125721j:plain

      馬の背の下にもビューポイント。
      f:id:songispretty5551256:20150205125840j:plain
      f:id:songispretty5551256:20150205193206j:plain

      ハシゴを登って。
      f:id:songispretty5551256:20150205130126j:plain

      アセビのトンネル。
      f:id:songispretty5551256:20150205130326j:plain
      ここは春になるとアセビやらシャクナゲの花が咲くそうです。
      f:id:songispretty5551256:20150205193718j:plain
      f:id:songispretty5551256:20150205193748j:plain
      冬の天城山も最高にいいんだけど、春、夏になると花咲き乱れてきれいだろうなあ。
      あったかくなったらまた来たい。

      ふたつ目のピーク、万三郎岳。
      f:id:songispretty5551256:20150204034509j:plain
      f:id:songispretty5551256:20150205131622j:plain
      やっぱり展望はほとんど無い。
      しかし、おちついた雰囲気。
      富士山の裾野がひろがってるけど、富士山は見えない。
      f:id:songispretty5551256:20150205131124j:plain

      ここで昼ご飯。
      おにぎりとカップ麺。

      クリコはカレーヌードル。
      俺は、カップスターしょうゆ味。
       f:id:songispretty5551256:20150205130615j:plain
      ここで、カップスターにまつわる思い出話しをひとしきりクリコに聞かせる。

      陽気な人。
      f:id:songispretty5551256:20150205194017j:plain
      1時間ほど山頂を堪能、アイゼン装着して下山の準備。
      f:id:songispretty5551256:20150205195626j:plain

      緩やかな階段道を下る。
      f:id:songispretty5551256:20150205194344j:plain
      f:id:songispretty5551256:20150205195628j:plain

      童話の世界のような場所。
      f:id:songispretty5551256:20150205194717j:plain
      f:id:songispretty5551256:20150205194737j:plain
      f:id:songispretty5551256:20150205130658j:plain
      f:id:songispretty5551256:20150205130821j:plain

      下りは、アイゼンの威力発揮されまくりで、まったく滑る気配ゼロ。
      むしろ、もっと雪があったほうが歩きやすいのになと思いました。
      使用アイゼンは、モンベルのチェーンスパイクです。
      どビギナーの意見ですが、これくらいの雪なら最高のアイゼンだと思いました。

      4時半、駐車場到着。今日は、人っ子ひとり誰にも会わなかったな。

      サンバーただいま!
      f:id:songispretty5551256:20150204034611j:plain

      温泉行きたかったんだけど、ナビに従って走ってたら、天城山から八王子まで、有料道路降りることなく行ってしまったので今回は無し。

      夕ご飯も、帰りの車中おにぎり食ってすませました。

      美しい雪道を堪能した良い山旅でした!
      f:id:songispretty5551256:20150206145909j:plain