読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

百蔵山 富士山めぐりの旅

登山
1月5日。

朝9時過ぎにに出発。
下道甲州街道で行く。
百蔵浄水場の近くの公衆トイレで用を足し、そのまま道なりに行くと、行き止まりになっていて、そこが無料駐車場。
そこから来た道を少し歩いて戻ったとこから登山開始。

それにしても天気が最高に良くて、登山道に入る前から富士山が美しい。
f:id:songispretty5551256:20150201205054j:plain

なんかもったいないなあと思いながら写真を撮る。
 
富士山を見ながら、シンプルなやさしい感じの登山道を登る。

こんな感じで道中も富士山見えてます。
f:id:songispretty5551256:20150201205431j:plain

山頂手前で、ちょっとした急登を登って広めの山頂に着く。
さすが山梨富嶽十二景。素晴らしい富士山だ。
f:id:songispretty5551256:20150201210227j:plain
f:id:songispretty5551256:20150201211746j:plain

先客は、中年の夫婦一組。
まず三角点で写真を撮って、ご飯にする。
この日の山ご飯は、カレーライス。
家で茹でてきた野菜にルーをいれて、茹でるだけ。
f:id:songispretty5551256:20150201211017j:plain
野菜の煮汁が無いので、トロトロにはならずスープカレーみたいな感じになった。
山で食べるご飯はうまいね。

ご飯を食べ終わって、納得いくまで写真を撮ったら下山だ。
東ルートで登ってきたので西ルートで下山する。
途中、展望台的なところでまた富士山を堪能する。
f:id:songispretty5551256:20150201212056j:plain

そこから30分くらいで駐車場に戻ってきた。なんかあっさり終わってしまった。

まだ時間は早いし、明日も休みだ。どっかドライブに行こうってことで、とりあえず猿橋に行く。
f:id:songispretty5551256:20150201212309j:plain

猿橋は前にも来たことがあって、二度目だけど、やっぱりここまで来たら見とかないとなと思う。

かっこいいゴルジュ帯。
f:id:songispretty5551256:20150201212812j:plain
f:id:songispretty5551256:20150201213237j:plain
f:id:songispretty5551256:20150201213318j:plain

鴨。
f:id:songispretty5551256:20150201213352j:plain

へっぴり腰でクライミングの真似事。
f:id:songispretty5551256:20150201213505j:plain

じゃあ俺も。
f:id:songispretty5551256:20150201213605j:plain

そこからもっと富士山に近づこうということになって、富士スバルラインに向かって走る。
道が大丈夫そうなら五合目まで行きたかったけど、やっぱり凍結ぎみなので無理はせず。
 
じゃあ、富士山の南側に回ろうということで、富士宮に向かう。
途中、朝霧高原とか富士山綺麗ポイントに止まっては写真を撮る。

道中いろいろ富士山。
f:id:songispretty5551256:20150201214244j:plain
f:id:songispretty5551256:20150201215005j:plain
f:id:songispretty5551256:20150201215055j:plain
f:id:songispretty5551256:20150201215120j:plain

朝霧高原から。
f:id:songispretty5551256:20150201215159j:plain

f:id:songispretty5551256:20150201215913j:plain


f:id:songispretty5551256:20150201220247j:plain

f:id:songispretty5551256:20150201220552j:plain

完食。
f:id:songispretty5551256:20150201221056j:plain

締めの温泉、新稲小川温泉ユートリオ。
f:id:songispretty5551256:20150201220838j:plain

温泉遠かったけど気持ちよかった。

それにしても、思いがけず遠くまで来てしまったなあ。
久しぶりの長い長いドライブになった。