読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

景信山 ひとり登山

登山
11月28日。

夜勤明け休み。

10時くらいから寝て、13時くらいに起床。

で、バナナ1本食って、景信山へ。
今日はクリコが風邪でダウン。なのでひとり登山。
f:id:songispretty5551256:20150129143333j:plain
2時半過ぎから登りはじめて、4時下山。
暗くなる前に下山しようと思って、ほとんど休憩せず、けっこうとばした。
ふもとで、これからどこまでいくんですか?と声をかけられて、景信山ですって言ったら、へー、これから?すごいなー!って驚かれた。
f:id:songispretty5551256:20150129143734j:plain
たしかに山頂は誰もいなかった。
たぶん、この日最後の登山者。
f:id:songispretty5551256:20150129143817j:plain
この時期の登山は、上着の着脱を、こまめにしなきゃなと思った。
登りで、暑いなと思ったら、すぐに上着を脱ぐようにしないと、けっこう大汗をかいてしまう。
で、止まってると、すぐに冷えてしまう。
汗かく前に、上着を脱ぐようにしなくちゃいけない。
f:id:songispretty5551256:20150129143514j:plain
ひとりっきりで山の中にいるという状況が初めての経験なので、楽しさ半分、怖さ半分くらいだったかな。
f:id:songispretty5551256:20150129143932j:plain
陽が落ちてしまうのが怖かったので、とにかく日が暮れる前に下山することを考えて歩いた。
f:id:songispretty5551256:20150129144122j:plain
山頂で、たくさんあるベンチなかで、ひとりぽつーんと座ってる状況がなんとなくおかしくて、笑ってしまう。
以前の自分だったら、絶対に無い状況だ。なんで、ひとりでも山の中に入りたいと思うのか、自分でもまったくわからない。

夏だったら、ここで夜明かししてもいいかもしれないし、仲間と夜BBQするのもいいかもしれない。

いろんなことを想像して楽しんだ。

今日は、まったく時間に余裕が無かったけど、こんどは、ゆっくりひとり登山したいな。
でも、今の俺には、景信山が限界。もっと山深い山にひとりで行きたいけど、もっと経験を積んでからだな。