読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOLIDAY HIKER WALKING

グルーヴィーな音楽と、山が大好きな、おじさんの休日の日記です。

今熊山 金剛の滝 知られざる近所の山

登山
f:id:songispretty5551256:20160412212753j:image

約1ヶ月ぶりに山登りに行ってきました。

我が地元の今熊山という山です。
昨日、クリコが行きつけの魚屋さんで、ちょうど今ツツジが満開で素敵だから行ってごらん!とすすめられ、さっそく行ってきました。

今熊山、八王子と五日市の境にある山で、まったく知らなかったんだけど、あそこらへんに登山口のバス停があるのは、そこを通るとき横目で確認してて、へー、こんなとこに登山口があるんだ。とは思ってました。

秋川街道を五日市方面に向かい、トンネルの手前を左折、今熊神社奥の無料駐車場に車を停めます。売店とかも出てて、なかなかにぎわってました。トイレもあります。

f:id:songispretty5551256:20160412193551p:image

今回は、今熊神社から登り始めて、今熊山山頂を経て、金剛の滝まで行ってピストンで帰ってくるというコースで行きました。

朝、9時半くらいに駐車場に着いた時は、5、6分くらいの車の入りでした。

f:id:songispretty5551256:20160412201520j:image

f:id:songispretty5551256:20160412202528j:image

f:id:songispretty5551256:20160412202734j:image

もう葉桜になってしまっていたけど、桜も一緒に満開だったら、ここは極楽か!みたいになってたことが想像できます。

冬の寒さに耐え抜いた者たちしか知りえぬ、春という舞台に、それぞれのやり方で、我が身の美しさを競い合います。

f:id:songispretty5551256:20160412203112j:image

f:id:songispretty5551256:20160412203130j:image

f:id:songispretty5551256:20160412203151j:image

f:id:songispretty5551256:20160412203301j:image

f:id:songispretty5551256:20160412203320j:image

いいなー、春の山。
花だけじゃなくて新緑も。

この鳥居の先が登山口になってます。
f:id:songispretty5551256:20160412204748j:image

天気も気持ちいいし、ゆったり歩き始めました。
f:id:songispretty5551256:20160412205245j:image

40分くらいで山頂。早っ!

f:id:songispretty5551256:20160412220827j:image

f:id:songispretty5551256:20160412210756j:image

数組のベンチと、テーブルがある、なかなか広い山頂です。

木の間から御前山。
f:id:songispretty5551256:20160412211212j:image

こっちは大岳山。
f:id:songispretty5551256:20160412211243j:image

五日市方面。
f:id:songispretty5551256:20160412211626j:image

昼にはまだ時間も早いので、先に行きます。

今熊山山頂から、金剛の滝に向かって、五日市方面に下っていきます。

段差の大きい階段を、えっちらおっちら下って行くと、最初の金剛の滝への分岐がありますが、そこは、崩落で閉鎖されてるので、その先の分岐から行きます。

f:id:songispretty5551256:20160412212727j:image

この分岐から15分くらい歩くと、沢の奥に滝が見えてきました。

f:id:songispretty5551256:20160412213319j:image

秘境っぽくて、なかなかいい雰囲気です。

f:id:songispretty5551256:20160412213617j:image

マイナスイオンを浴びるクリコ。
f:id:songispretty5551256:20160412213750j:image

あれ?滝の横になんか穴があります。

f:id:songispretty5551256:20160412213911j:image

くぐってみると…。

f:id:songispretty5551256:20160412214134j:image

その先にもっと大きな滝が!あんれまあ!

f:id:songispretty5551256:20160412220040j:image

滝の横にひっそりたたずむ金剛像。

f:id:songispretty5551256:20160412214532j:image

f:id:songispretty5551256:20160412215229j:image

f:id:songispretty5551256:20160412215254j:image

f:id:songispretty5551256:20160412215303j:image

上にはトンビがぴーひゃらら。

f:id:songispretty5551256:20160412215407j:image

上を見ても、下を見ても、横を見ても、絵画のような世界。
近所にこんないい場所があったんだなあ。

そして再び下りてきた道を登り返し、再び今熊山山頂へ。
で、ここでちょうどお昼なので、ラーメンを食べます。

ラーメンが茹であがるまで、今熊山なうとツイートする俺。

f:id:songispretty5551256:20160412221615j:image

この山を知ってから、春になると毎年来てるって人がいたりして、けっこう常連さんが多いみたいでした。

高尾山ほど観光地化されてなくて、知る人ぞ知る程よい名所みたいな感じだと思います。
見所もあるし、行程も長くはなく、危険でもない。
たしかに、あそこはいいよって、安心してすすめられる感じでしたね。
まだまだ近所に、知らない良い場所がたくさんあるんだなと、うれしくなりました。














日の出山 大晴天の山登り

登山
f:id:songispretty5551256:20160315200829j:image  

昨日、1日中降りつづいた雨が上がり、朝からの大晴天。外を見ると、丹沢の山々に雪がかぶっている。山には雪が降ってたんだなあ。

f:id:songispretty5551256:20160315201507j:image

今日は、ひさしぶりの大所帯、しろしくん、ラジくん、ゆまちゃん、我々夫婦の5人で日の出山に行ってきました。
初参加のゆまちゃん、今日が初めての山登りです。
山登りがしたくて、仕事をがんばって、靴や、レインウエアなどの装備を揃えての初山行。晴れてよかった。
 
日の出山は、2度目です。
前回と同じ、吉川英治記念館前の公営無料駐車場に車を停めて、愛宕神社から登りました。

愛宕神社の長い階段。
f:id:songispretty5551256:20160315204211j:image

八十八ヶ所巡りのお遍路さんのコースにもなっています。
f:id:songispretty5551256:20160315204626j:image

f:id:songispretty5551256:20160316053158j:image

花粉症にとっては地獄のような杉林。
f:id:songispretty5551256:20160316134539j:image

僕がおさえてますから、先行ってくださーい! by ラジくん
f:id:songispretty5551256:20160316134343j:image

梅野木峠で山頂立ち入り禁止看板が!オーマイガッ!
f:id:songispretty5551256:20160316054310j:image

マジで!
笠取山の悪夢ふたたび!
とりあえず看板に書いてある番号に電話して確認すると、12時半くらいまでなら大丈夫とのことなので、先に行くことにする。

梅野木峠で休憩中出会ったワンコ。
f:id:songispretty5551256:20160316054935j:image

きんちゃんとか、てんちゃんとか、いろんな名前で呼ばれてた。かわいかったな。15歳になるそうで、これまでずーっと飼主さんと一緒に、山を登ってきた山のベテラン。途中まで一緒に行くと、遅れた人を待っててくれる優しいやつ。


道にうっすら雪がついてきた。
f:id:songispretty5551256:20160316055241j:image

雪きたー!
f:id:songispretty5551256:20160316055549j:image

山頂下あたりからだいぶ積もってた。同級生のふたり。ちなみに今日はしろしくんの40歳の誕生日でもあります。中学からずーっと今日までいい友達だったふたり。なんかブルースは絆みたいになってんね。ふたり。Jr.ウェルズとバディガイのブルースブラザーズみたい。
f:id:songispretty5551256:20160316055818j:image

山頂。
f:id:songispretty5551256:20160316060039j:image

f:id:songispretty5551256:20160316131600j:image
  
大岳山方面。
f:id:songispretty5551256:20160316091719j:image

うれしそうに風になびかれる人。
f:id:songispretty5551256:20160316092158j:image

広大な関東平野をながめなからの昼飯。
f:id:songispretty5551256:20160316091836j:image 

山頂では、12時半からヘリコプターでの資材搬入があるので、1時間くらいしかいられなかったけど、それほど寒くもなく、広い山頂でそれぞれ思い思いにくつろぎました。
時間になり、山頂から少し下りたところで、ヘリコプターの資材搬入を見ようと思って、待ってたんだけどなかなか来ないので下りることにした。

山頂下の階段で、工事関係の方が写真を撮ってあげるというので、ありがたく撮ってもらった。
f:id:songispretty5551256:20160316121534j:image

もう少しおりたところでヘリコプターの音が近づいてくるのが聞こえた。

おーい!
f:id:songispretty5551256:20160316121645j:image

さらにもうちょっと下りたところで、どうも様子がおかしいことに気づき、地図で確認すると、ルートを外れてることがわかった。

500mほど戻って正規のルートに復活して、どんどん下ります。

そして、全員で目を見開き発声練習して、歌を歌いながら歩きます。楽しい。
山で歌うと異常に楽しくなります。
しろしと、ラジくんの声がそっくりで、コール&レスポンスするとどっちがどっちかわからない。おもしろかった。


今日は、温熱シップをはってるせいか、膝もわりと調子よかったんだけど、最後の方でやっぱり痛くなった。
近場の山行なので、お金もかからないし、すぐ家に帰れるというので気分的にはすごい楽。いつも思うことだけど、俺いいところに住んでるなーと思いますね。

今年は、奥多摩の山々をもっといろいろ歩きたい。テント買って、長い縦走とかしたい。クライミングもかじってみたい。あれこれやるのはいいけれど、完全に中高年で山にはまった人という自覚を持って、遭難しないように気をつけよう。俺。








思いがけず鎌倉観光

観光
昨日の現場に仕事の道具を忘れてきた。それに家の鍵も一緒につけっぱになってる。
それはさすがにまずいので、今日の休みを利用して回収しに行く。

近くなので、ついでに鎌倉観光することにした。

まずシラス屋という店に、生シラス丼を食いに行く。
f:id:songispretty5551256:20160313203747j:image

初めての生シラス。
f:id:songispretty5551256:20160313203810j:image

すこーしだけいくら的なフレーバーを感じた、初めての生シラス体験だった。
となりの人の豪勢な天ぷらが美味しそうで気になった。

で、今度は鶴岡八幡宮へ。
車をどこに停めるか考えた結果、東急の駐車場にいれた。
で、2000円の買物をすれば2時間無料というのを利用した。
どうせ使う生活用品を買えば、駐車場代は、タダみたいなもんだ。
かしこい!

で、たまたま通りかかった市民センターみたいなとこで、天才と五味展というローカルな作品展をやっていた。ポスターの絵に惹かれて見に行くことにした。
f:id:songispretty5551256:20160313204344j:image

たぶん地元の子供達の絵や、粘土や、夏休みの宿題的な作品が飾られていた。おもしろかった!
やっぱ子供の作品は、ストレートな方がおもしろいね。笑える。

で、次はぶらぶらと鶴岡八幡宮へ散歩。
花嫁花婿さんがいた。どうぞお幸せに。
f:id:songispretty5551256:20160313204536j:image

白い鳩の群れがお祝いしてた。
f:id:songispretty5551256:20160313205838j:image

一部早桜が咲いていました。
f:id:songispretty5551256:20160313204604j:image

で、裏通りを、団子とか食いながらぶらぶら散歩して、東急で2000円以上の買物をして、ハミ出た分の300円の駐車場代を払って、車を出し、そして湘南の海を眺めつつ、わが町へ帰る方向へ。

江ノ島あたりの大渋滞と、海のさざ波からくる眠気と戦いつつ、クリコと発声の練習とか、発声に対する考えを話したりしながら帰宅。
f:id:songispretty5551256:20160313204628j:image

思いがけず楽しい1日となりました。

ユーシン渓谷 西丹沢の緑の秘境

登山
f:id:songispretty5551256:20160308221056j:image


朝起きると、丹沢手前の低い山に張り付くような奇妙な雲が、まるで雲自体が白い山に見える。
f:id:songispretty5551256:20160308205348j:image

前日、家内ミーティングで、奥多摩の七ッ石山に行こうってことに一時は決まったんだけど、クリコの体調が思わしくないということで、山登りはやめて、高低差の無い渓谷歩きに変更した。というか休み前日、山に行こうって時に必ず体調が悪いクリコはどうかしてる。

つい先日、丹沢に緑色の水をたたえる、美しい渓谷があることを知って、いつか行きたいなあと思っていたところでした。それがユーシンブルーと呼ばれる美しい緑色の渓谷、ユーシン渓谷でした。
そこで、それならちょうどいいではないかということで行き先変更をしました。


朝7時頃出発。

近所のルビーちゃんにご挨拶。
f:id:songispretty5551256:20160308154130j:image

東名を大井松田ICで下りて、246を進み、清水橋を右折、丹沢湖方面に進み、丹沢湖南岸から玄倉川沿いに林道を行きます。ゲート手前の駐車場まで行く予定だったけど、工事でそこまでは行けず、ゲート手前500mくらいの駐車スペースに停めました。


準備をして、9時頃スタート。
 
このゲートから先は、自転車を含む一般車両は通れません。ハイカーのみが通行可。
f:id:songispretty5551256:20160308162717j:image

しばらくは舗装路を歩きます。
f:id:songispretty5551256:20160308191337j:image

土砂崩れ避けのトンネル?
f:id:songispretty5551256:20160308191431j:image

この林道歩きでいくつかのトンネルを通ります。このトンネル歩きが目玉の一つでもあります。

最初のトンネル。
f:id:songispretty5551256:20160308192130j:image

次の新青崩隧道がけっこう長いです。
真ん中でカーブしてて、両方の出入口が見えなくなるので、真ん中ではほんとに真っ暗。
ヘッドランプ、はじめて使いました。
f:id:songispretty5551256:20160308193502j:image

まだ入口が見えるとこは、そこそこ見える。
f:id:songispretty5551256:20160308193805j:image

オスプレイのマークが光ってる。
f:id:songispretty5551256:20160308193817j:image

真っ暗闇。
f:id:songispretty5551256:20160308193915j:image


次の石崩隧道。
f:id:songispretty5551256:20160308194418j:image

ここは、そんなに長くないので、そこそこ明るい。
f:id:songispretty5551256:20160308194436j:image

トンネルを抜けると滝。
f:id:songispretty5551256:20160308194756j:image

ここから緑の渓谷ユーシンブルーが始まりました。
f:id:songispretty5551256:20160308195158j:image

玄倉ダム。
f:id:songispretty5551256:20160308200801j:image

f:id:songispretty5551256:20160308201315j:image

f:id:songispretty5551256:20160308201330j:image

f:id:songispretty5551256:20160308201347j:image

f:id:songispretty5551256:20160308201358j:image

緑の渓谷は、この玄倉ダム周辺だけでした。

ダム放流。
f:id:songispretty5551256:20160308201942j:image

ごめんなさい。
f:id:songispretty5551256:20160308201922j:image

山登りと違って、あんまり体力を使うこと無く、自然の気持ちよさだけを満喫できる渓谷歩き。ちょっとずるい気もするけどおすすめです。

f:id:songispretty5551256:20160308204604j:image

f:id:songispretty5551256:20160308204618j:image

f:id:songispretty5551256:20160308204639j:image

雨山峠との分岐。
f:id:songispretty5551256:20160308204943j:image
 雨山峠までは、沢沿いの登山道なので荒天時は危険みたいです。

今日の目的地、ユーシンロッジまであと20分ほど。もうひとふんばりです。

ユーシンロッジの看板が見えました。
f:id:songispretty5551256:20160308205815j:image

分岐。
f:id:songispretty5551256:20160308205907j:image

橋を渡って…。
f:id:songispretty5551256:20160308210110j:image

2、3分歩くと、かわいい建物が見えました。これはトイレみたいです。冬季閉鎖中でした。
f:id:songispretty5551256:20160308210652j:image

ユーシンロッジです。なかなか立派な建物です。
f:id:songispretty5551256:20160308210838j:image

ユーシンロッジ。今は営業していません。かつては、丹沢登山の基地的役割を担い、賑わっていた山小屋らしく、たしかに地図でみると、丹沢主稜線の山々へのアクセスはすごくいい。
なぜにこんな立地条件に優れ、かつ施設的にみても、立派な山小屋が、営業してないのでしょうか?神奈川県でなんとか運営できないのでしょうか?
なんだかもったいない話だと思います。

現在は、緊急時の避難部屋としての使用は、認められているようです。
あくまで緊急時ってことだけど、けっこう避難小屋的に使われているみたいですね。

f:id:songispretty5551256:20160308214759j:image

我に力をみたいな感じ。
f:id:songispretty5551256:20160308215007j:image

ぽかぽかして最高に気持ちよかったです。ギターがあればよかったな。
f:id:songispretty5551256:20160308215023j:image


今日のポイント。ユーシンブルー、真っ暗トンネル、ユーシンロッジ、俺の第1位は、圧倒的にユーシンロッジでした。
趣きのある建物。すごく居心地の良い場所。
ここからいろんなとこに行ったら楽しいだろうなという想像をかきたてられるとこ。いい!
ぜひ営業を再開してほしいです。











笠取山 多摩川源流を巡る旅

登山
約ひと月ぶりの山登り。
ラジくんを誘って、奥秩父笠取山に行ってきました。 
 
f:id:songispretty5551256:20160223062007j:image

山頂には多摩川の水源があり、山梨市、甲州市秩父市の境目に位置する分水嶺で、多摩川、笛吹川、荒川に分かれていくそうです。
多摩川は、すごくなじみのある川。その最初の一滴を見てみたいと思い、笠取山に決めました。

今日は、高速は使わず青梅街道をえんえん走る。峠道もハスラーはガンガン行くよ。そして、ラジくんは今日も夜勤明け。にもかかわらずとっても元気。VIVA若さ!
そして、バックミラーには、車酔いをしたクリコが、魚のような目で俺の運転を非難してるのが写ってます。
つまり今日も我々はとっても平和で元気だ!

途中トイレ休憩した横の橋で、ここから飛び降りられるかという話題で盛り上がる俺。くだらないけど楽しそうなのでオッケーだ。
f:id:songispretty5551256:20160223001125j:image


しかし…。


さあ、あとちょっとで登山口の駐車場だ!ってとこでなんと通行止め…。
f:id:songispretty5551256:20160222225545j:image

ここらに車を路駐して、ここから歩いて行くという手もあるが、まだ登山口まで6kmくらいある。この時間からこのプラス6kmはきびしいので、この先の白沢峠まで車で行って、そこから歩きはじめる案で行くことにした。
f:id:songispretty5551256:20160223062446j:image

が、こっちも途中雪で通行不能。
残念だけど、代わりの山に行こうってことになり、奥多摩までとりあえず戻ることにして、さっきの通行止めのところまで戻って、写真を撮ったりしてたら、なんか工場関係者の車がやってきた。

ダメ元で、この先の山に行きたいんだけど、通ることはできませんか?と尋ねてみると、なんと、今ならいいですよ!という返事。まだ重機も動く前だからこのタイミングならオッケーということらしい。

なんという奇跡か!
この時間に、この現場監督さんにあって、このタイミングだけという、まさに、笠取山に呼ばれてるとしか思えない運の良さ。

ありがとうございます!
興奮ぎみにお礼の言葉を述べ、ありがたく通らせていただきました。

無事、作場平駐車場に到着して、準備を整え、予定より1時間遅れで出発します。ちなみに駐車場横にバイオトイレがあります。
f:id:songispretty5551256:20160222231911j:image

f:id:songispretty5551256:20160222232018j:image

だいたい15〜20cmくらいの積雪量で、歩き始めて、すぐアイゼンを付けました。ラジくんは6本爪アイゼン、我々夫婦は、チェーンスパイク。
f:id:songispretty5551256:20160222233659j:image

f:id:songispretty5551256:20160222233833j:image

f:id:songispretty5551256:20160222233846j:image

新雪踏み抜くと膝下くらいまで埋まるとこもありました。
f:id:songispretty5551256:20160223073748j:image

途中、沢に降りて川の水を飲むラジくん。うーん、ワイルド。
f:id:songispretty5551256:20160222234114j:image
これがネパールスタイル。すごいおいしいですよ!お腹なんかぜんぜん平気!

ジャパニーズスタイル代表クリコ。不安げに飲みます。お腹弱々です。
f:id:songispretty5551256:20160222234509j:image

ヤブ沢峠から尾根道に合流して、笠取小屋で休憩。ここにもバイオトイレがありました。
f:id:songispretty5551256:20160222235000j:image

f:id:songispretty5551256:20160222235034j:image

大菩薩嶺がきれいです。
f:id:songispretty5551256:20160222235404j:image

雪壁に落書きをはじめたラジくん。
楽時山好きと書いてあります。笑
楽時とは、ラジを漢字にしたものです。
f:id:songispretty5551256:20160223000146j:image
で、ここで、漢字には意味があるんだよという話題になって、俺の名前は、日と比べるという意味だよと説明したところ、俺の光り輝く頭頂部をみて、「だからヒビさんの頭は太陽に負けないくらい輝いてるんですね」とうれしそうに言っていた。

小さな分水嶺。ここで水源が多摩川、荒川、笛吹川(富士川)に分かれるそうです。
f:id:songispretty5551256:20160223001751j:image

f:id:songispretty5551256:20160223001845j:image

f:id:songispretty5551256:20160223001903j:image

笠取山の山名の由来として、山容が傘に似ているから。もしくは、昔、武州甲州の見廻り役人がここで傘を取って挨拶したからという説があるそうです。

ここから広い平原を行き、山頂まではあと少し。

あそこが笠取山山頂。
f:id:songispretty5551256:20160223063449j:image

正面から山頂をとらえました!
なんとわかりやすい直登一本道。
こんなの初めて見ました。おもしろいです。
f:id:songispretty5551256:20160223063657j:image

謎の機械。
f:id:songispretty5551256:20160223064023j:image

笑いながら近づきます。近づけば近づくほど面白くなってきます。
f:id:songispretty5551256:20160223063925j:image

さあ、アタック開始!
f:id:songispretty5551256:20160223064227j:image

空に向かってのびる一直線の道。ひたすら登っていきます。
f:id:songispretty5551256:20160223065335j:image

最後の岩場を越えれば頂上。
f:id:songispretty5551256:20160223065503j:image

着きました。山頂は狭く、風が強く、とても寒いです。
f:id:songispretty5551256:20160223070405j:image

とりあえず風の当たらないところでご飯。今日のご飯は、ラジくんが作ってきてくれたネパールの家庭料理チキンカレー。f:id:songispretty5551256:20160223070904j:image

こんな山の上で、ネパール料理が食えるなんて、思いもよりませんでした。
最高にうまかったです。
f:id:songispretty5551256:20160223071146j:image

山頂で傘(帽子)を取ってご挨拶。
f:id:songispretty5551256:20160223071648j:image
f:id:songispretty5551256:20160223071713j:image

この山頂付近に、多摩川源流の最初の一滴があるはずなんだけど、見つけられませんでしたが、体も冷え切ってきたのでそろそろ降ります。

なかなかの高度感。
f:id:songispretty5551256:20160223072601j:image

山頂で冷やしすぎたのか、最高に膝が痛み出しました。
トレッキングポールに体を預けるようにして、なんとか降ります。
f:id:songispretty5551256:20160223072942j:image

下山中、膝の痛みは、終始和らぐこと無く、休み休みゆっくりと降りました。

こりゃもうちゃんと治療しなきゃ治んないな。

山頂から降りて、ちょっと行ったとこで源流じゃないけど、まあ多摩川最初期の流れを発見。このつららも、いずれ多摩川まで流れ出るんだろうなと、感慨深いものを感じたので、これでオッケーとします。
f:id:songispretty5551256:20160223075435j:image


道中いろいろな不運や、幸運が、入り乱れて、結果すごく楽しい山旅になりました。これまでいろいろな山に行って、どんなことがあっても行かなきゃよかったなと思ったことが無い。終わってみれば楽しかったなという感想しかでてこない。山はすごいな。

クリコもこの数日間、おーちゃんのことで、根をつめて大変だったので、ここで解放してくれてよかった。

ほんとは数日間っていうより、俺の母親からはじまって、ボク、その次はビビちゃん、そして最後のおーちゃんまで、この何年間かクリコは、切れ目無くがんばりつづけてきた。

俺は、生命というものに対して、こんなに誠実な態度でのぞむ人をはじめてみて、素直にすごいなと思って、思いつづけてる。生命っていうより家族か。俺は、すごい人をお嫁にもらってしまったなと思う。尊敬してます。

でも、これからしばらくは、もっと自分のことを楽しんでほしい。そして、俺ともっと遊んでほしい。もっと本気で遊んでほしい。クリコが持ってる才能をすべて解放して、俺と全力で遊んでほしいです!

f:id:songispretty5551256:20160223122627j:image

f:id:songispretty5551256:20160223122658j:image






丹沢大山 家から見える山に行こう

登山
いつも家の窓から見える、彼方にそびえる美しい三角形の山。大山に行ってきました。
f:id:songispretty5551256:20160115205256j:image

奥多摩の大岳と、丹沢の大山と、富士山は、どこから見てもすぐわかる山。俺の中のわかりやすい山ベスト3。
しかしながら、未だその三つはまだ未登です。ここらへんでそろそろ行った方がいいんじゃないかと思い。手始めに大山に登ってきました。

以下ヤマレコから↓

江戸時代の庶民にとっては、大山詣と江ノ島詣のセットが娯楽の一つで、各地からの参詣者は登山口(現在の大山ケーブル駅)の旅館に宿泊し、翌朝・先導師(山岳ガイド)と山頂を目指した。帰路は日向薬師に下山し江ノ島まで歩き宿泊し”精進落し”と称しては乱痴気騒ぎをするケースが多かったようだ。
こま参道を歩けばその賑わいを感じることが出来よう。古典落語の演題に『大山詣り』がある。


大きな山で大山。シンプルで好きな名前です。形はきれいな三角形で、いかにもTHE山!という風情。
このわかりやすさが江戸庶民の琴線に触れたのかわかりませんが、とにかく大山詣では、古くから続く庶民の娯楽らしいです。

ルートは、最短で行けるヤビツ峠からのルートで行きました。

登山口のヤビツ峠までの、延々つづく狭い峠道を、車で登っていきます。
そろそろあきてきた頃に、ヤビツ峠の駐車場に到着しました。

峠を挟んで、西に行くと塔ノ岳。東に行くと大山です。
準備を整え8時45分頃スタートしました。
f:id:songispretty5551256:20160115202351j:image

登り始めて15分くらいでいきなり絶景が現れました。
f:id:songispretty5551256:20160115200655j:image

遠くに光るのは相模湾か?
f:id:songispretty5551256:20160115202323j:image

立ってます。霜柱。
f:id:songispretty5551256:20160115202528j:image

富士山チラリ。
f:id:songispretty5551256:20160115202806j:image

階段や、木道が多い登山道。
f:id:songispretty5551256:20160115205246j:image

おいしいですよ!
f:id:songispretty5551256:20160115213255j:image

表尾根越しの富士山の絶景スポット。右手に南アルプスチラリ。
f:id:songispretty5551256:20160115213407j:image

居合わせた老夫婦の旦那さんに撮ってもらった写真です。
f:id:songispretty5551256:20160115213633j:image

すごくいい写真です。いい記念になりました。ありがとうごさいます。

鳥居をくぐって…。
f:id:songispretty5551256:20160115214026j:image

もう一つくぐって…。
f:id:songispretty5551256:20160115215209j:image

f:id:songispretty5551256:20160115214326j:image

大山頂上本社前。
f:id:songispretty5551256:20160115214345j:image

天気が良かったのはここまで。あっという間に白い雲に覆われてしまいました。

山頂。大山先輩ありがとうごさいました!
f:id:songispretty5551256:20160115215519j:image

山頂の茶屋にいた看板猫。一瞬ビックリした。
f:id:songispretty5551256:20160116055715j:image

八王子方面。家から見える大山山頂から家は見えるのか?見えるわけがありません。
f:id:songispretty5551256:20160115214715j:image

いつ降ったのかわかりませんが、雪が残ってます。
f:id:songispretty5551256:20160115215039j:image

風は無かったんだけど、とにかく頂上寒かった。この前の北八ヶ岳程ではないにせよ、やっぱり寒い。
カップラーメンがあっという間にぬるくなっていきます。
正直大山をなめてました。俺みたいな駆け出し野郎が、大山をなめるなんて100年早いのはわかってるけど、なめてましたね。
防寒装備を削ってきたことを後悔しました。



下山。
f:id:songispretty5551256:20160115220858j:image

表参道から下社を回って、柏木林道の方にグルッと周回して下りる予定だったんだけど、このあとの野暮用のことを考えて、サクッとピストンで下りることにした。

下山途中、幼稚園児達の集団に会う。
「山頂に行って来たんですか?」
「山頂まであと何分ですか?」
やたらテンションが低い園児達。
ほんとにイヤそうで、なんだかかわいそう。
まあ、がんばれよー。と手を振って別れます。
彼らはちゃんと山頂まで行けたのかな?



f:id:songispretty5551256:20160115222348j:image

山頂に着いたところで、曇ってしまって展望は望めなかったけど、それまでにきれいに富士山が見られて良かった。
でも、晴れてればグルーっと伊豆の方から、三浦半島まで、さらには都内の方まで、いやいやさらにその向こうまで…。

ヤビツ峠からなら、行程短いだけに、早朝登って、朝日を拝んでくるのもありだなと思いました。








北横岳 縞枯山 曇天の北八ヶ岳の旅

登山
f:id:songispretty5551256:20160107113245j:image

ラジくんが雪山に行きたいというので、我々の実力で行けそうな雪山を調べてみた。今年は暖冬のせいで、雪が少なく、低山で雪山は望めない。
だとすると、2500mクラス以上の山か、豪雪地帯の山になる。

あと、車でいけそうなとこ。
いまだスタッドレスはいてないので、ノーマルタイヤの車で行けそうな雪山。
なんか、ドラえもんに無理難題をふっかけるのび太みたいになってるのはわかってるんだけど、暖冬だからこそ、この条件で行けるんじゃないかと思いました。

そこで、いくつか候補をあげた中で、北八ヶ岳に決めました。
ロープウェイでかなり上まで上がれるので、登る体力はつかわずに、上であっちこっち行けるし。

朝5時半にラジくんをひろって、八ヶ岳に向けて出発。
夜勤明けからのラジくんだけど、今日も元気です。

道中、雪化粧した南アルプスの美しさにテンションあがります。
ネパール出身のラジくんは、ヒマラヤだー!とはしゃいでいました。

八ヶ岳ロープウェイ。
f:id:songispretty5551256:20160106215449j:image

ロープウェイの駐車場からこの絶景。
f:id:songispretty5551256:20160106220922j:image

絶景に見惚れるふたり。
f:id:songispretty5551256:20160106225120j:image

昨日、山道具屋さんにゴーグルを見に行って、微妙な値段の高さにふんぎりがつかなかったんだけど、ロープウェイのお土産屋さんで安いゴーグルを発見。購入しました。

ロープウェイで上がったところですでに2240m。

坪庭という名前がつけられた場所。
日本庭園のような趣きのある空間。
いつも思うけど、山につけられた名前って絶妙だなと思います。
ラジくん曰く、ネパールに名前のついてる山はあまり無いですよ。とのこと。
名前にこだわらない国民性なんですかね?
f:id:songispretty5551256:20160106221908j:image

坪庭から北横岳をめざします。
f:id:songispretty5551256:20160106230242j:image

歩きやすい、なだらかな道がつづきます。
f:id:songispretty5551256:20160106230638j:image

前を行く家族連れ、5、6歳くらいの子供が、俺について来いと言わんばかりに、がしがし先頭を歩いてました。

北横岳山頂。まず南峰。
f:id:songispretty5551256:20160107103636j:image

八ヶ岳
f:id:songispretty5551256:20160107091808j:image

f:id:songispretty5551256:20160107091836j:image

秋に行った蓼科山が真ん前にドーン!
後ろに雲海みたいな白い北アルプス
特に北側の白さに目を奪われました。まさにヒマラヤだー!
f:id:songispretty5551256:20160107091731j:image

つづいて北峰。死ぬほど寒い。
f:id:songispretty5551256:20160107092914j:image

頭の白い山。名前わかりませんがきれいです。
f:id:songispretty5551256:20160107093142j:image

寒くてわけがわからなくなってますが、とにかくきれいです。
f:id:songispretty5551256:20160107093322j:image

f:id:songispretty5551256:20160107093356j:image

北横岳ヒュッテ。ここで早めの昼ごはん。なんだけど…。
f:id:songispretty5551256:20160107093741j:image

問題発生。ラジくん、昼ごはんを買ってくるのを忘れたとのこと。すでに小屋は閉まってる。僕は大丈夫です!と言うラジくんですがなんだか悲しそう。ふたり分のおにぎりを3人で分け合って食べました。
お湯を沸かして、みそ汁を作ったんだけど、あまりの寒さにあっという間に冷たくなってしまう。
寒さに耐えきれずサッサと食事をすませて、一旦ロープウェイ駅に戻ることにする。
ロープウェイ駅ならカフェがあったからなんか食べられるし、あったかいコーヒーも飲めるはず…。

ところがカフェやってない…。

でも、なかで休むことはできるので、寒さはしのげます。

ロープウェイ駅のカフェで和む。
f:id:songispretty5551256:20160107095235j:image

行動食を食べながら和みます。
はー極楽極楽。

もう動きたく無い気持ちを振り切って、縞枯山をめざします。
f:id:songispretty5551256:20160107100900j:image

縞枯山荘。ここも閉鎖されてます。
f:id:songispretty5551256:20160107101459j:image

雨池峠からの登りがきつかった。
f:id:songispretty5551256:20160107101543j:image

縞枯山山頂。展望無し。地味です。
f:id:songispretty5551256:20160107101750j:image

さらに展望台をめざします。

立枯れた木越しに見える南八ヶ岳
f:id:songispretty5551256:20160107102120j:image

これも同じ場所で撮りました。
f:id:songispretty5551256:20160107102322j:image

展望台にて。
f:id:songispretty5551256:20160107102726j:image

八ヶ岳、茶臼山をバックに。
f:id:songispretty5551256:20160107102941j:image

展望台から縞枯山。
f:id:songispretty5551256:20160107103049j:image

昭和の冒険家。
f:id:songispretty5551256:20160107120550j:image

帰りはみんなで歌を歌いながら歩きました。楽しかった。

目をむいて、ヴォエアーってヴォイストレーニングがはじまる。
f:id:songispretty5551256:20160107103422j:image

一度雪に押し曲げられても、根性で上に伸びる気合の入った木。
f:id:songispretty5551256:20160107104236j:image

ロープウェイ山頂駅に帰ってきて、前のゲレンデでしばしヒップソリで遊ぶ。100均のやつだけど十分遊べました。
f:id:songispretty5551256:20160107104915j:image
帰りは河原の湯という町の共同浴場みたいな風呂屋さんに寄って帰りました。400円。安いです。

双葉SAでラーメン。辛いんだけど、これがめちゃうまだった。
f:id:songispretty5551256:20160107105802j:image


今回、計画では、北横岳から縞枯山をめぐり、さらに茶臼山まで行こうと思ってたんだけど、寒さのあまりロープウェイ駅でかなりの時間退避していたこともあって、そこまでは行けませんでした。
暖冬で、雪が少ないって聞いてたんだけど、たしかに少なかったです。
例年のこの時期の北八ヶ岳だと、エビのシッポだの、スノーモンスターだのが見られるはずらしいんだけど、スカスカの雪で、ほんとに暖冬なんだなと感じました。
といっても、山頂付近は風も強く、2500m前後の冬山のきびしさを実感することができました。体感では、今まで行ったどの山より寒かったです。
これからは、寒さ対策をもっと考えていかないとな。

f:id:songispretty5551256:20160107113222j:image